肌のシミを早く消す方法

シミができてしまう原因を考える

多くの人が悩んでいる肌トラブルにシミがあげられます。

そして一度できてしまうと、自己流のケアだけでは完璧に消すのは難しいものがあります。
そしてできてしまう原因もそれぞれ違い、対策も違ってきますので、まずはどうしてできるのかを考えていきたいものです。

まず外的要因としては紫外線による刺激があげられます。肌は紫外線で刺激されるとメラニン色素の生成が活発化されてしまいます。
こうした原因でできてしまった場合はしっかりと紫外線対策して肌を守っていきましょう。

そして肌をゴシゴシこすったり、合わない化粧品を使うことで色素沈着してしまう場合もあります。
それからホルモンバランスの変化でもシミができやすいものです。

妊娠中はホルモンのバランスも崩れますし、更年期などもバランスが崩れやすいものです。そして、新陳代謝の低下も原因として考えられます。

若い頃は紫外線などのダメージを受けても肌の回復が早く、きれいな肌を保つことができますが、年とともに肌の新陳代謝の機能も衰えてきますので、シミが増えやすくなります。

そのほかでは、睡眠不足も肌にとっては良くないですし、喫煙の習慣も肌に大切なビタミンCを破壊してしまうことにつながります。
血行不良も肌には悪い影響が出やすいですが、喫煙は血行不良をさらに悪化させてしまうことになり、いずれにしても肌には良くないものです。

きれいにするためには、スキンケアや治療は大切ですが、原因となっている要素もできるだけ取り除いていきたいものです。

シミを消す方法について

女性が気になる美容の悩みの一つにシミが挙げられるのではないでしょうか。

シミが出来る原因にはいろいろとあります。
主な原因の一つにはまず第一に紫外線の影響を挙げることができます。

紫外線が肌に当たることで、メラニン色素が肌を保護しようと働き、シミができてしまうのです。
他にも、加齢や睡眠不足、ストレス、ホルモンバランスの影響などが原因でできてしまいます。

一度出来てしまうとなかなか消すことができません。
しかし、中には一時的に出来てしまうものもあります。

それは、妊娠中などのホルモンバランスが原因となって出来てしまう肝斑というものです。
ホルモンバランスが元に戻ることによって自然に消えるケースがほとんどなので、こちらは心配することはないでしょう。

紫外線が原因でできてしまうものは、レーザーを当てることによって治療することができます。
ビタミンなどの美容成分が含まれた美容液などを使用することによって症状が改善されるという場合もありますが、一番確実なのは、レーザーによる治療法でしょう。

症状のある箇所にレーザーを照射することにより、メラニン色素がある部分のみにレーザーを当てることができるので、効果的に消すことができます。
レーザーを当てた後は、皮膚がデリケートな時期でもあるので、保護クリームを塗り、日焼け止めなどで紫外線からのダメージを避けることが大切です。

顔の皮膚は新陳代謝が活発であり、薄いのでレーザー治療の効果は高いといえるでしょう。

 

シミの原因をなくす3つの方法

シミは年を取るにつれ顔や手などにでてきます。

なかなか消えないので諦めている方もいらっしゃいますが、もともとすぐに消えるものなんです。
では、なぜ消えないのか、それは私たちの生活に問題があります。

肌の細胞は一定の周期で入れ替わります。これをターンオーバーといいます。
ターンオーバーは新陳代謝が正常であれば必ず行われます。

このターンオーバーで角質と一緒にシミの原因になるメラニン色素もなくなります。
メラニン色素は日焼けなどすると肌を紫外線から守るために発生します。

悪者のように言われますが、メラニン色素がなかったら私たちはすぐに重度の日焼けをしたり、皮膚ガンになってしまっていてもおかしくないのです。

すぐに消えないのは私たちの代謝機能が落ちていて、肌がターンオーバーできないことが原因です。
そのため、代謝機能をあげることからしなければなりません。

一番簡単な方法は毎日2リットル水を飲み、綺麗な空気の環境で睡眠をとり、バランスよく栄養をとることです。
人の身体の60%は水分です。水を飲むことで代謝が上がり、血行が良くなります。

すると自然と新陳代謝も活発になります。
また、睡眠時には水も食事もせず、呼吸だけ行います。

これで体内の空気の循環を行い、翌日使う代謝を蓄えます。
寝室には空気清浄機を必ずおいてください。

バランスよく栄養を摂ることで爪の先まで栄養が行き渡ります。
また、ビタミンCはシミに効果のある栄養分として知られています。
特別なことはしなくていいので、まずは生活習慣の見直しから始めてください。