顔の濃いシミをうすくするには

シミの原因といえば、まずは紫外線である。

あなたの顔の濃いしみなんとか薄くしましょう。

顔のシミ、それはメラニン色素が皮膚にたまって主に茶色くなるもので、その部分にはメラニン色素を作る細胞である、メラノサイトが増大している。
そのため、より一層紫外線の影響を受けやすくなってしまう。

よって、朝の洗顔後は、日焼け止めや美白剤を用いたUVケアが必要不可欠なのだ。
特に、すでにできている部分は、念入りにケアすることが重要である。

また、紫外線ではなく、皮膚を強く摩擦することにより、炎症から発生する場合も多くある。
皮膚の摩擦により炎症が起きると、有害な活性酸素が発生し、紫外線を防ぐ以外に活性酸素を還元する働きのあるメラニン色素が増大して、その結果シミができてしまうのだ。

よって、熱心にUVケアを行うあまり、皮膚を強く摩擦してしまうと、全くの逆効果となってしまうので、十分に気をつけたいものである。
メイク落としや洗顔は、多めのジェルやきめの細かいしっかりとした泡でやさしくマッサージしながら行うと、肌への刺激も少なく、摩擦から起きる炎症も防げるので、大変効果的である。

肌は周期的に生まれ変わるので、UVケアと肌の摩擦に気をつけていれば、シミは次第に薄くなっていくと言える。

さらには、紫外線だけでなく、女性ホルモンやストレスが関係すると言われる肝斑というものもあり、上記のケアに加え、医療機関に相談の上、「トラネキサム酸」という抗炎症薬を用いて治療する方法も、非常に効果が高い。